日本料理・蒸しゃぶ・せいろ蒸し 「瓢喜 香水亭(カスイテイ)」

ブログ 新橋店

酉の市について

落ち葉が風に舞う季節となりました。我町の銀杏並木も美しい黄色に染まり初めました。本日は、酉の市についてお話させていただきたいと思います。

 

酉の市とは

酉の市(とりのいち)は、例年11月の酉の日に行われる祭。酉の祭(とりのまち)、大酉祭(おおとりまつり)、お酉様(おとりさま)とも言います。埼玉県ではおかめ市(おかめいち)と呼ばれることも多く、一般的には12月に行われます。

酉の市は、鷲神社、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社の年中行事として知られ、関東地方を中心とする祭りです。多くの露店で、威勢よく手締めして「縁起熊手」を売る祭の賑わいは、年末の風物詩です。なお、愛知県名古屋市の稲園山七寺(大須七寺、長福寺)などで行われる「えびす講(えびす祭・えべっさん)」は、由来が異なり酉の市とは全く関係が無いそうです。

鷲神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰されます。関東地方では鷲宮神社(埼玉県久喜市)が鷲神社の本社とされています。同社の祭神は、天穂日命、武夷鳥命、大己貴命です。日本武尊が東征の際、同社で戦勝を祈願したとされ、古くからこの神社を中心に「酉の日精進」の信仰が広まり、12月の初酉の日には大酉祭が行われてきました。

江戸時代には、武蔵国南足立郡花又村(現・東京都足立区花畑)にある大鷲神社(鷲大明神)が栄え、「本酉」と言われたそうです。この花又鷲大明神を産土神とする近在住民の収穫祭が、江戸酉の市の発祥とされます。現在の同社の祭神は日本武尊で、東征からの帰還の際、同地で戦勝を祝したとされています。江戸時代には、花又の鷲大明神(本地)は鷲の背に乗った釈迦とされたそうです。この神社の酉の市は、15世紀初めの応永年間に始まるとされ、参詣人は、鶏を献納して開運を祈り、祭が終了した後浅草観音堂前(浅草寺)に献納した鶏を放ったそうです。

江戸時代後期から、最も著名な酉の市は、浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)と酉の寺 長國寺(とりのてら ちょうこくじ)境内で行われた酉の市です。江戸時代には浅草の鷲大明神(本地)は鷲の背に乗る妙見菩薩とされました。「現在の足立区花畑の大鷲神社を「上酉、本酉」、千住にある勝専寺を「中酉」、浅草の鷲神社と酉の寺 長國寺を「下酉、新酉」と称しており、江戸時代に盛大な酉の市はこの3カ所だったそうです。幕末には巣鴨、雑司ヶ谷などの大鳥神社でも酉の市が開催されるようになります。明治時代になると千住・勝専寺の酉の市は閉鎖されたそうですが、江戸時代から続く酉の市はいくつかあり現在も賑わっています。

浅草の鷲神社と酉の寺 長國寺の東隣には新吉原という遊郭が存在し、酉の市御例祭の日には遊郭内が開放されたといわれ、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至っています。規模(熊手店約150店舗・露天約750店)賑わい(毎年70万人~80万人の人出)とも日本一の酉の市と言えます。

 

熊手守りと縁起熊手

 

「酉の市」の立つ日には、おかめや招福の縁起物を飾った「縁起熊手」を売る露店が立ち並びます。また、市を開催する寺社からは小さな竹熊手に稲穂や札をつけた「熊手守り」が授与され、福を「掃き込む、かきこむ」との洒落にことよせ「かっこめ」と呼ばれています。元々は鷲神社周辺の農民のために縁日の境内で熊手や鍬などの農具を販売していたのが、次第におかめなどの縁起物がオマケとして農具につけられるようになり、それが今日の装飾熊手の由来となっているそうですね。

酉の市の縁起物は、江戸時代より熊手の他に「頭の芋(とうのいも)」(唐の芋)や粟でつくった「黄金餅(こがねもち)」があったそうです。頭の芋は頭(かしら)になって出世する、芋は子芋を数多く付ける事から子宝に恵まれるとされ、黄金餅は金持ちになれるといわれました。しかし幕末頃から売られるようになった「切り山椒」が黄金餅に変わって市の縁起物となり今日にいたっています。本格的な寒さを迎えるこの時期、これを食べれば風邪を引かないといわれています。

 

当店では、すき焼き、しゃぶしゃぶをはじめ、様々な旬の食材を使った料理をご用意しております。是非一度当店自慢の料理をお召しあがりになってみてはいかがでしょうか。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

前へ
瓢喜 香水亭

店舗一覧

瓢嘻 香水亭 六本木本店

瓢嘻 香水亭 六本木本店

瓢嘻 香水亭 京橋店

瓢嘻 香水亭 京橋店

瓢嘻 香水亭 新橋店

瓢嘻 香水亭 新橋店

インターネット予約
ご予約はこちら

お電話でのご予約

新橋店

03-5510-9070

【営業時間】
[月〜金]
昼 11:30-14:30(L.O13:30)
夜 17:30-23:00(L.O22:00)

[土]
夜 17:30-23:00(L.O22:00)

土曜日は夜のみ営業
※貸切宴会は応相談
※当日キャンセルの場合、キャンセル料が発生します。

ご予約はこちら
京都 瓢斗
京都 瓢喜
瓢喜の婚礼
仕出し弁当
オンラインショップ
採用情報
よくあるご質問
top